【これは使える】Wixで簡単!顧客管理



Wixは顧客管理ができます。ホームページを制作した後、ホームページとしてだけではなく、顧客管理としても活用していくのはいかがでしょうか。

顧客管理は様々なシステムがありますが、Excelを多く使っている企業様も少なくありません。また、システムの導入を検討されている方もいらっしゃると思います。


顧客管理とは

 

顧客管理について、色々調べると、よく耳にする「CRM」。

CRM:Customer Relationship Management

Customer:お客様

Relationship:関係

Management:管理

お客様との関係をきちんと管理するということですね。

企業情報、担当者名、役職、連絡先などの情報を一元で管理すれば、必要に応じたアプローチや対応ができ、ビジネスがより効果的に進められます。



分析・プロモーション

 

顧客管理はお客様の一元管理だけではありません。

例えば、購買日、履歴、金額や、顧客情報を元に様々な分析ができたり、知りたい条件で抽出した顧客に、あらたなアプローチをすることが出来ます。



顧客管理は重要

 

顧客管理をしているか否かで、企業は大きく変わります。また、顧客数が少ないからと言って、もう少し後でもなどど考えているうちにあっという間に顧客数が多くなり、後々に大変になってしまいます。


企業内の情報の共有、営業チーム内での可視化


同じ顧客に別々の営業マンが同じタイミングで営業アプローチをしてしまった。

DMやメールを同じ企業に複数送ってしまった。

担当営業が変わるタイミングでうまくいかなかった

などどいう事はありませんか。


一元管理していれば、情報共有していればトラブルの発生などを事前に防ぐことが出来ます。


顧客アプローチのタイミング


新規顧客、既存顧客のほかに、しばらくご連絡していない顧客。このしばらくはいったいいつなのか?

顧客管理を見れば一目瞭然になります。




Wixの顧客管理 Ascend by Wix

 

Wixでは、簡単に顧客の管理をすることが出来ます。

豊富な機能が搭載されているので、企業に合った顧客管理を行うことが出来ます。ホームページに組み込まれているので、無理なく管理することが可能です。


01.見込み客を獲得

ライブチャット

サイト訪問者とリアルタイムでやり取りして質問に回答したり、必要な情報を提供して、コミュニケーションを取ることが出来ます。チャットボックスのデザインをカスタマイズしたり、受付時間の設定なども可能です。

フォーム

サイトに必須ともいわれている、フォームを設置しましょう。カスタマイズ可能なので、欲しい情報を入れていきましょう。フォームの項目は10個までは無料で設置できます。テンプレートもございますし、変更も簡単にできます。情報をいただくにあたって必須か任意かは重要なポイントになってきます。たくさん情報がほしいため必須が多すぎると、フォームに入れることが面倒になり離脱されてしまうことも多くあります。「見込み客の獲得」は最初の入り口になります。最低限の「必須」以外は任意にする方が、獲得数は得られるでしょう。


02.見込み客をお客様に

Inbox

サイト経由で受けたメッセージと、チャット経由で行った会話すべてが表示され、メッセージはいつでも戻って確認することができます。やり取りは、チーム全体で確認することが出来ます。

連絡先

サイトでやり取りのあるユーザー全ての連絡先が自動で追加されます。フィルターや表示したい項目を選択出来ます。また、新しい連絡先を手動で作成したり、Gmail または CSV ファイルからインポートすることもできます。


03.ワークフローを一本化

業務プロセスを最初から最後まで管理できます。

見込み客からの動きを把握することができ、タスクやリマインダー機能もあるので効果的なアプローチができます。


04.見積書も請求書も発行可能

登録した連絡先に見積書から請求書まで簡単発行。見積書をチャットを利用して送信できます。見積書は、メールで承認されると自動的に請求書へ引き継がれます。

定期請求書も発行ができ、毎週、毎月、毎年など最適なタイミングでの請求を選択して支払いを追跡します。





05.Wixオートメーション

訪問者に自動メールを送信したり、請求書について通知したり、チームのタスクを作成したりできます。









まとめ

 

ホームページを作成する理由は

企業やサービスを知ってもらうためにユーザーにサイトに訪問してもらいたい。

お問い合わせを増やしたい。

お問い合わせが増えたら、すぐにアプローチしていきたいですよね。


サイトを経由して訪問してくれたユーザーはとっても大切な見込み客です。その見込み客をきちんと顧客管理しましょう。企業やチーム全体で情報共有し、一元管理することでトラブルを防ぐことができます。また顧客それぞれに効果的なアプローチをタイミングよくおこなえます。