色のイメージはどんな印象を与えるか。

サイトの制作でも、印刷物でも販促に関するツールで、どんな色を使うのかは最初の段階で話し合っておきましょう。企業や店舗のコンセプトカラーがある場合、まずそれを、メインカラーにするのか、ポイントで使うのかということも考えていきましょう。 色のイメージは、心理的な効果があるといわれています。 身近な色で考えてみましょう。例えば、赤は「情熱の赤」「炎の赤」「暑い」などがイメージされますよね。チラシやポスターなどを見てみると、よく見かける「SALE」の文字が赤いことが多いと思います。まさに「SALE」の「赤」はエネルギッシュに、いいものを安く手にいれる!!という気持ちを駆り立てています。 というように、色のイメージというのは印象を与える大切な要素になっています。 企業や店舗のロゴの色のイメージによって、信頼、安心、誠実、親近感という気持ちを感じるところです。そして、作成する販促ツールでどんな色のイメージで作り上げていくかは重要な部分になっていきます。 色で連想されるイメージ色の持つイメージはもちろん人によっても様々ですが、いくつか探してみましょう。



情熱 活力 暑い 闘争心 強い

ピンク

可愛い 若い 甘い

オレンジ

暖かい 幸せ 陽気 自由 

黄色

明るい 希望 飛躍 元気

黄緑

若々しい 自然 

リラックス 自然 穏やか 癒し

水色

爽やか 自由 清潔

信頼 誠実 爽やか 知的

グレー

シック 落ち着き

高級感 頑丈 モダン

ベージュ

リラックス 落ち着き やわらかい

清潔 上品 純粋

そして、色の組み合わせによっても色々な印象を与えます。


黄緑 水色 ピンク オレンジなどを組み合わせると、明るく元気なイメージになります。

ダークな色合いを組み合わせたり、メリハリのある色を組み合わせたり、ビビットに、ライトに、ソフトにと、合わせる色合いによって、伝わる印象も変わります。


カラー配色