紙の寸法

紙の寸法は、用紙の寸法と、原紙のサイズで異なります。

A4,B5サイズというのはとっても聞きなれているサイズです。

ちなみに名刺サイズは91×55です。どうして、中途半端なサイズなのでしょう。

それは、「黄金比」と関係があるみたいです。※黄金比:人がもっとも美しいと感じる比率


ですが、大きさに決まりはなく、オリジナルで色んな大きさでデザインして、印刷することもあります。


名刺は91×55のサイズで印刷するわけではなく、面付します。

という風に、紙は面付をして印刷をするので、大きさが一般的になっているA判やB判という方が費用面で考えても選択することが多いです。


そして、聞きなれない菊判や四六判という紙があります。印刷や製本の仕方によってA判の代わりに菊判、B判の代わりに四六判を使うことがあります。